返済が間に合わないとき

キャッシングで借りたお金はきちんと返済しなくてはいけません。しかし、急な出費があったり、急用で返済にいけなかったりと、返済が難しい時もあるかもしれません。いざという時に慌てないように、返済が間に合わない時の対策も知っておきましょう。

 

返済期日ギリギリで返済すればいいと思っていると、急な冠婚葬祭などで返済日にATMに行けない可能性があります。期日前2週間程度から返済は可能なので、返済には余裕をもっていくようにしておきましょう。また、口座引き落としでの返済をしておけばうっかり返済を忘れる心配も減ります。

 

金銭的に余裕がなくて返済が間に合わない、というような事態にならないよう、指定できるなら返済日は給料日後にしておくとよいでしょう。給料日前だと、毎月返済のやり繰りが大変になります。

 

急なお金のトラブルで、その月の返済が難しい時には、放置せずに早めにキャッシング会社に連絡をしましょう。事情を説明すれば、強引に取り立てに来るような事態にはならないので、連絡を躊躇すべきではありません。

 

例えばその来月からは通常に返済できるのであれば、今月だけ返済額を減らしてもらうなどの処置に応じてもらえる場合があります。ただしこれはとっておきの方法で、通常通り返済できるよう計画的に利用するのが一番大切です。

 

利用先が多いと常にこういった危険性を含んだ返済を進めなければならなくなるため、いくつかのキャッシング利用先を抱えている場合には消費者金融のおまとめローンとして利用先を一本化することを考えてみるのも良いことです。