返済と金利の関係を知る

キャッシングを利用する時は、借りる時だけでなく、返済する時についても考えておくべきです。キャッシングで借りたお金には利息が発生するので、その条件を知らないでいると、無駄に利息を払う羽目になってしまいます。

 

返済について一番知っておきたいのが金利についてです。契約時に金利が決まりますが、金利が高い程利息もたくさん取られてしまいます。複数のキャッシング会社で迷っているならば、低金利な所を選んでおきましょう。

 

キャッシングにおける利息は、年利に対する日割り計算でかかってきます。例えば10万円を年利18.0%で借入れした場合、1年で18,000円の利息がかかる計算になりますが、実際には18,000円も利息は取られません。これは、利息が日割り計算である点と、利息が借入残高に対してかかっているからです。

 

例えば10万円借りた場合、1か月後にかかる利息は1,500円程度です。ここでもし51,500円返済した場合、借入残高は約5万円になります。2か月目にかかる利息は借入残高の5万円に対する750円程度しかかかってきません。ここで50,750円返済すると、完済となります。ここまでで発生した利息は2,250円となります。

 

借入残高を早く減らすほど、かかる利息も少なくなります。賢くキャッシングを利用するなら、随時返済でどんどん返済した方がお得なのです。

 

ただし随時返済で手数料をかけていては意味が無いので、ATM入金での手数料が提携ATMの利用で無料となるオリックス銀行カードローンの返済を考えるなど、借り入れ先の選定は返済を含めて慎重に進めるべきです。