キャッシングで借りたお金

お金に困った時の助けとしてキャッシングがあります。手軽にお金を借りる方法として人気がありますが、借りたお金は返さなくてはいけません。キャッシングを利用する時には、借りる時の条件だけでなく、返済する時の条件についてもよく把握しておくとよいでしょう。

 

 

いつまでにどうやって、いくら返済すればいいのか、これを知らないでお金は借りられません。キャッシングの返済方法だけでなく、上手に返済するコツも併せて覚えておきましょう。

 

いつまでに返済すればいいのか

キャッシングで借りたお金は、毎月コツコツと返済していけます。多くのキャッシング会社では毎月1回、一部35日毎の返済もあります。返済期日までに毎月返済をしていきますが、期日はキャッシング会社によって異なります。

 

また、返済期日が決まっている所もあれば、自分で選択できる所もあります。給料日前に返済期日があるとお金の管理が面倒なので、注意しましょう。

 

返済期日までに返済を行えばいいのですが、あまりに早すぎると、先月分の追加返済と見なされてしまうので注意しましょう。

 

どうやって返済すればよいのか

キャッシングで借りたお金は様々な方法で返済できます。銀行振り込みやインターネットなどもありますが、主流なのは口座引き落としとATMでの返済です。口座を登録しておけば、毎月自分の口座から自動的に引き落としされます。

 

しかし、詳しい理由は後述しますが、お勧めの返済方法はATMです。キャッシング会社のATMや提携ATMで、いつでも自由に返済ができます。

 

期日までにATMへカードを入れて返済を選び、返済を行います。ATMは全国にあるのが普通で、出張先や旅行先でも返済は可能です。ただし、利用出来るATMによっては利用手数料や時間外手数料がかかる場合もあるので、注意が必要です。

 

借り入れ先によっては提携ATMでの利用で手数料が終日無料となるところがありますので、ATMで便利にお得にカードローンキャッシングを使いたい方は手数料も気にしておくべきです。金利面でも優れているオリックス銀行カードローンであればオリックス銀行カードローンのATM手数料を見ても分かる通り提携ATMで無料となっているので、いつでも手数料負担を気にせずに利用ができます。

 

いくら返済すればいいのか

一般的なキャッシングでは約定返済方式を採用しています。借入れに応じて決まる最低限必要な返済額を約定返済額といいます。期日までに約定返済額を入金します。

 

約定返済額は、借入が大きい程大きくなります。例えばあるキャッシング会社では、5万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円となります。返済の途中でまた借入れをして、借入残高が10万円を超えると、毎月の返済額は5,000円に増えます。借入れ時点での借入残高が増えるたびに返済額も増えていくので、使い過ぎには注意が必要です。

 

上手に返済するコツ

キャッシングで借入れをした後は、返済を行います。期日までに約定返済額を返済していけばいつかは完済します。ただし、借入額に対して約定返済額の割合は2~5%程度を採用している所が多いです。言われるがままに返済していれば返済の負担はそれ程でもありませんが、完済まで3年~5年はかかります。

 

キャッシングと上手に付き合うのであれば、随時返済も活用して、大目に返済していくのが賢い使い方です。約定返済は最低限必要な返済額ですが、追加で大目に返済するのは自由です。

 

随時返済はATMでいつでも行えます。返済方法としてATMがお勧めなのは、ここが理由となります。返済期日までに返済する時も、多い分には自由に返済が可能です。余裕がある時には大目に返済しておきましょう。

 

多めに返済するのには、2つの理由があります。1つは返済期間が短くなる点です。返済期間が短い程、いざという時にまた借入れがしやすくなります。キャッシングの利用はいざという時に限定しつつ、返済も早めて限度額にゆとりを持たせておく方が安心です。

 

もう1つの理由が無駄な利息を抑える点にあります。返済期間が長い程、利息を取られる期間も長くなります。キャッシングで無駄な利息を払いたくないなら早期返済を心がけましょう。

 

返済に関する疑問や質問があれば店舗やコールセンターで聞けるので、借り入れを利用する際にはなるべくなら地元の消費者金融や銀行で借りた方が良いです。契約を進めるにあたっても店舗や契約機が近くにあれば急ぎで借りたい際にも助かるので、地元にどの店舗や契約機があるかを予め確認をしておきましょう。

 

関東圏であれば渋谷の消費者金融に関する情報を参考にするなどし、どこに設置がされているかを見ておくとスピーディな手続きも可能となります。